イエカラ

トピックス

住まい

新しい船出 長生村の診療所

%e9%95%b7%e7%94%9f%e8%a8%ba%e7%99%8205

かねてからご紹介していた千葉県長生村の診療所が出来上がりました。ごらんの通り、辺りは田んぼと畑、家の周りだけは樹齢数十年の木々が生い茂る、そんな景色が続く、正直なんにもないところです。

そんななんにもない農村で、手記を寄せていただいている山口先生の新たなる船出です。

山口先生は西洋医学だけではなく、東洋医学も取り入れた診療に取り組まれている、先鋭的でちょっと風変わりな若い先生。これからの医療や村への貢献が期待されます。

8月の週末 先生を慕うみなさん 施設を造ったみなさんが集まり、新たな門出を祝う宴が開かれました。

 

%e9%95%b7%e7%94%9f%e8%a8%ba%e7%99%8203

%e9%95%b7%e7%94%9f%e8%a8%ba%e7%99%8206

待合室は たちまち 宴会場へ。 こじんまりとしてとっても居心地のいい空間に、楽しい夜が更けていきました。

建物はもともとあった納屋をリフォームして使おうとしましたが、部材の痛みがひどいため断念。一部に納屋で使われていた材料を使い、外観は納屋をモチーフに作られました。古来から使われた素材を、新しく使いまわしできるのは、日本建築の良いところです。そういったことができる職人さんがまだまだ居ます。元の家(はじめのいえ)の精神が活きた仕事です。

 

 

%e9%95%b7%e7%94%9f%e8%a8%ba%e7%99%8204

宴の席では酔っ払いの山口先生が私にマッサージをしてくれました。短時間ではありましたが、体が熱くなり、とても体が軽くなりました。 スゴイぞ先生!

ちなみに診療所の前にはシーサーが居ります。 千葉だけど なぜシーサー?

%e9%95%b7%e7%94%9f%e8%a8%ba%e7%99%8202

記者:金井

「IEKARA」のプロジェクトに参加しませんか。身近なことから、一緒に、楽しんじゃいましょう!